事業責任者メッセージ

経験を次世代へと繋げていく 経験を次世代へと繋げていく

私たちを取り巻く経済環境が劇的に変化する中で、企業は多様化する経営課題を解決できる人材を強く求めています。

一方で、上記のような人材を確保することは容易いことではなく、膨大なコストと期間をかけるなど、経営者を悩ませる大きなポイントになっています。
特に専門知識、ノウハウを持たれた方を採用することは難しく、それゆえにコンサルティングサービスを活用する、あるいは自社人材の育成を目指すケースも少なくはありません。

私たちが提供する「i-common」サービスは、そのような経営者様や事業責任者様、加えて現場の管理責任者様が抱えていらっしゃる課題を、「人の英知・経験」をもって解決するサービスです。

実際に同様の課題を解決してこられた「経験」、または同様の目標を達成した「経験」を持ち合わせた大企業の元経営者様、事業責任者様と共に、次代を担う経営のサポートをさせていただきたいと強く思っております。

退職後の新しい働きがいをご提供したい 退職後の新しい働きがいをご提供したい

2007年、日本は世界で一番初めに「超高齢化社会」に突入しました。
平均寿命・高齢者数・高齢化スピードという3点において、世界一の高齢大国です。
もちろん先進国各国も、今後順次同様の状況に突入することとなります。

「高齢化社会」と言いますと、悲観的に捉えられることも多いですが、誇るべき事実です。戦後60年が経過し、GDP世界2位、治安も良く、不自由のない暮らしができる社会を作り上げた経営者、技術者の経験やノウハウは、世界に誇るべき宝です。
この経験は、まだまだ日本にとって必要であり、次世代に伝える価値のあるものだと思います。

しかしながら、現在の社会システムでは、退職後の働き方に多様性がなく、やりがいのある仕事に就ける退職者の方々は、ほんの一握りに過ぎません。 私たちは、この事実を変えたいと思っています。

退職される前から退職後のライフスタイルについて考え、「経験」というバトンを次世代の経営者に引き継げる社会の実現を目指し、サービスを提供して参ります。

新しいマーケットを創造する 新しいマーケットを創造する

i-commonは、総合人材サービス企業である「パーソルキャリア株式会社」初の社内ファンドから生まれました。

これからの社会構造の変化に柔軟に対応することを旗印とし、民間企業だからこそできることを誠実に、実直に推し進めて参りたいと考えております。

私たちの活動を通じ、「シニアエグゼクティブによる実行型の経営支援」という新しいマーケットを確立し、課題を抱えた企業様、退職後にワクワクした働き方をしたいとお考えの個人様の双方に対して、質の高いサービスを提供して参ります。