株式会社プロネクサスと業務提携開始(2018年7月2日)

プレスリリース

2018年06月29日(日) 掲載

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)が運営する経営顧問の紹介サービス「i-common(アイコモン)」は、2018年7月2日(月)より、企業のディスクロージャー・IR支援を行う株式会社プロネクサス(本社:東京都港区、代表取締役社長:上野 剛史、以下プロネクサス)と、業務提携する運びとなりましたので、お知らせいたします。

■業務提携の背景

~必要なときに必要なノウハウやリソースを取り入れたいというニーズに対応~

昨今、政府が推進する「働き方改革」を契機とし、各企業に労働生産性の向上や労働時間の削減が求められています。一方、団塊世代の退職などが原因で、経験豊富な人材が不足する傾向が強まり、必要なリソースの確保が大きな課題となっています。また、事業環境の変化によって、新規事業の開発や戦略立案など、専門知識を持ったプロフェッショナル人材をプロジェクト単位で必要とするケースも増加しています。

「i-common」は、このような企業の抱える課題に応え、必要なときに必要なノウハウやリソースを提供する、経営顧問の紹介サービスです。今回の業務提携により、「i-common」の保有するプロフェッショナル人材が、同様の課題を抱えるプロネクサスの顧客に対して、経営・事業の課題解決のご支援をさせていただくことが可能になります。

■概要

~上場企業やIPO企業の経営・事業課題解決を支援~

プロネクサスの顧客である上場企業やIPO企業の経営・事業課題に対し、「i-common」の保有する、約10,000名の特定領域に精通したエキスパート人材や元大手企業幹部のエグゼクティブ人材などのリソースと、約4,500件の支援実績の中で培ったノウハウによって、課題解決のための最適な支援を行います。事業推進から経営支援まで、幅広いテーマに対応できる人材ネットワークを活用し、業務委託や職業紹介など、顧客の事情に合わせた契約形態でサービス提供をいたします。また、支援開始後も「i-common」の専任コンサルタントおよびプロジェクトのフォロー専属部隊がプロジェクトの運営をバックアップいたします。

■株式会社プロネクサスについて

株式会社プロネクサスは、企業のディスクロージャー・IR支援を行う国内最大手企業。国内上場企業の約6割から主要な定期開示書類の受注をおこなう。厳格な情報セキュリティ・コンプライアンス体制の下、ディスクロージャー制度とIRニーズの高度化に対応する日本企業の開示実務を、コンサルティングとITでトータルサポートしております。

http://www.pronexus.co.jp/

■i-common(アイコモン)について

「i-common(アイコモン)」は、中小企業向けに、大手企業を定年退職した元役員、上級役職者を経営顧問として紹介する経営顧問サービスとして2011年にサービスを開始いたしました。企業の経営課題を、経験豊富なシニアエグゼクティブや専門性を有したスペシャリストの知見・ノウハウ・人脈によって解決する新しい形の経営支援サービスです。経営・事業・営業・企画、その他バックオフィス分野に至るまで、幅広い分野のプロフェッショナルを「経営顧問」「アドバイザー」「監査役」「取締役」としてご紹介。企業が抱える課題に対して「実行型」の経営支援を行います。

https://i-common.jp/

お問合せ
パーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス) 広報部
TEL 03-6757-4266 FAX:03-6385-6134
メール: pr@persol.co.jp